夜の筋トレは辞めた方がいい!国際認定のフィットネストレーナーからの注意|大田区Tokyo Titan

query_builder 2021/07/08
ブログ
夜の筋トレ

筋トレを夜に行う人が一番多いでしょう。しかし、逆効果になっていることが多いです。


生活を大きく変えず、トレーニングを習慣として取り入れようとすると、やはり夜になります。「仕事が終わった後は時間があるし、筋トレの後は夕食を食べて寝るだけだ」と考えます。確かに、仕事で溜まったストレスの解消などの効果がありますが、夜のトレーニングは以下の問題があります。


夜の筋トレを推奨しない理由

①睡眠に影響してしまう

②継続性が低い

③力の出力が低くなる


睡眠に影響してしまう
自律神経系は自動的に身体の中で起こる組織的作用を制御しますが、その中には主に「交感神経系」と「副交感神経系」という、二つの神経系があります。簡単に言うと、交感神経系は全力を発揮させるための仕組み、副交感神経系は体を回復させるための仕組みです。激しい運動、特に無酸素運動をすると交感神経系の方が働きますが、夜に筋トレを行った場合、寝る時間になっても交感神経系がまだ働き、副交感神経系がちゃんと機能しません。


継続性が低い
夜のトレーニングは一番生活に影響されやすいです。仕事の残業など、急な予定変更が発生すると、殆どの場合はトレーニングをリスケすることになります。尚、一日は予定通り進んだとしても、仕事などからの疲労やストレスからモチベーションが下がり、トレーニングをサボってしまう可能性が高くなります。


力の出力が低くなる
体にはサーカディアンリズムという現象がありますが、簡単に言うと、体の一日の周期となっています。サーカディアンリズムにより、一日の周期で睡眠/覚醒のサイクルを繰り返します。それに伴い、夜になると体が寝る準備を始めようとしますが、体の中の変化により力の出力が落ちます。


上記の三つの理由で夜のトレーニングを推奨しません。但し、継続するトレーニングが一番効果的です。自分の生活の中で夜が一番継続するのであれば、他の時間より夜に行った方が良いでしょう。


各個人の最適なトレーニングプログラム

Tokyo Titanでは、各クライアントにとって最適なトレーニングプログラムを提供し、生活とトレーニングを一緒に両立させます。プログラムはレッスン(一緒にトレーニング)と宿題(トレーナーが用意したプログラムを自分で実施)という、二種類で提供しています。尚、レッスンの場合は大田区にある店舗の来店とオンラインで対応しているため、自分の生活に一番合う方法を選択可能です。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

NEW

  • 痩せたいけど食べたい!好きなものを食べれるダイエット!大田区Tokyo Titan

    query_builder 2021/10/14
  • 効果的な筋トレメニューならこれ!大田区Tokyo Titan

    query_builder 2021/10/12
  • 栄養士が教えるダイエットプラン★ダイエットのサポートは大田区TokyoTitan

    query_builder 2021/10/07
  • ダイエット運動に困っている方!楽に痩せたいなら、ボディメイク専門家の大田区Tokyo Titan

    query_builder 2021/09/30
  • 筋トレで最も重要!マインドマッスルコネクション|大田区Tokyo Titan

    query_builder 2021/09/23

CATEGORY

ARCHIVE